こんにちは!

今回日本を襲った台風は甚大な被害を出してしまいましたね、、、

早く復興ができることを沖縄から応援しております。

実際におうちが停電になった際は皆さまどうされてますか?

ろうそく立てたり、電灯で明るく照らしたり、携帯電話で照らしたりなどしますよね

でもその明かり、ずっとは続きません。

停電で不安なのに、その明かりがなくなったらと思うとかなり不安ですよね。

できるだけ明かりを確保できる情報を今回は紹介します

(1)ペットボトルで簡単ランタン

懐中電灯を一工夫してランタンに替えることができます。

懐中電灯の上に水を入れたペットボトルを乗せるだけ。光が乱反射して周りを照らすことができます。

懐中電灯が小さい場合はコップに入れてやってみてください。火を使わないので安全です

(2)ツナ缶でランプ

ツナ缶の油を利用したランプです。缶に穴を開け、芯を差し込みます。

芯には綿のひも等が良いそうですが、コーヒーのフィルタをこよりにして作ったところ、

2時間位もちました。もちろん中身も食べました(油が減ってヘルシーかも)

(3)サラダ油で簡易ランプ

耐熱ガラスのコップにサラダ油を入れ、キッチンペーパーで着火する紐を作り、アルミホイルで固定します。
1時間使用しても油の量はほとんど減らず、火の勢いも衰えませんでした。
火は何度でもつけられます。火から離れる際は必ず消して下さい。
                            警視庁災害対策課より
身近にあるもので明かりをある程度確保ができます。
是非頭の片隅に入れて、もし必要になった際は試してみてください。
レンタルスペースハイウェイは元気に営業中!
24時間空いておりますので、リラックスしにきてくださいね(‘ω’)ノ